26日(金)、パパとガンセンターに
行ってきました。
sketch-1593489799368
予約時間は13時~

自宅からガンセンターまでは遠く、
高速道路を使っても1時間半~2時間ほど。

初診なので、色々手続きがあるからか
12時に着くよう指示があったので
自宅を9時過ぎに出発。

車での移動時間が長い為、
「なにかDVDを持っていこう」と
ちょっとお出掛け気分のパパとわたし。

選んだDVDは
パパが大好きな X JAPANのライブDVDと
わたしが大好きなA.B.C-ZのライブDVD。
_20200629_053327
WOWOWで録画したX JAPANの復活ライブには
なんと パパとわたしが写っている(笑)
sketch-1593489835675
この時、臨月のワテクシ(約1ヶ月後に息子を出産)。
懐かしいなぁ。

少し混んでいたものの
11時45分頃 ガンセンターに到着。

道中 コンビニで買ったおにぎりを
駐車場で 流し込むように食べ、
sketch-1593499327553
いざ、ガンセンターへ。

受付で必要書類を提出し、
診察券を発行してもらう。

何枚にも重なってある問診票を渡され
記入しながら、しばし待つ。

しばらくしてから、ガンセンター内の
コーディネーターさん(?!)のところに案内され、
話を聞き、受診科まで案内してもらう。

この日の受付番号が『7242』
_20200626_182032
末尾の『42』が気になったのか
「あんまり良くない数だなぁ」とパパ。
sketch-1593499467131
わたし「7242...ナニシニ?」
パパ「ほんとだ、ナニシニだ(笑)」

わたし「何しに?って話を聞きにきたんだ!!」
と下らない事を話しながら、呼ばれるまで待つ。

途中、血圧とサーチレーションを測りに
看護師さんがきてくれた。

わたしが着ていたTシャツを見て
「可愛いTシャツ!!癒されますねぇ」と笑顔の看護師さん。

ちなみにこの日のTシャツはコチラ。
_20200626_181944
お気に入りのどすこいTシャツ。

その後、診察室前で
『どんな先生かなぁ』と少し緊張しながら待つ。

ガンセンターのHPでチェックしてきたものの、
実際に話してみて、どんな感じなのか...
先生との相性って大事。

「7242番の方、診察室へ」との呼び出しがあり、
一気にボルテージが上がり、
緊張感MAXの中、いよいよ診察室へ。

「失礼します」と言いながら、診察室に入り挨拶。

目に入ってきたのが、先生の白衣。
sketch-1593499755490
『やっぱり、都会のお医者さんは何か違う!!』

そして、スタイリッシュドクターの診察スタート。

どういった経緯で来たのか、
今、どんな症状がつらいか、
今までの治療でつらかった事、大変だった事を聞かれ、

『今までの治療』と『治験』の違いを
説明してもらった。

また、治験を進めていくのに
副作用の状態を見る上で
2~4週間の入院が必要なことを聞く。
sketch-1593499404505
※治験で入院し、落ち着いたら週1回程度の外来。

治験を進めていき、治験の薬が変わる度に
(効果がなくなって薬が変わった時など)
2~4週間、入院しなくてはならないとの事。

まず頭に浮かんだのは子どもたちの事。

『うーん...2週間以上の入院って長いなぁ』
頭の中でぐるぐるぐるぐる、色んな思いが交錯する。

わたし
「すぐに答えを出さないといけないですかね?」
「あ、もう時間がないか、早い方がいいですよね」
「(決めるの)難しい~」

と困っている様子を見て、
「難しい...うん、難しいですよね」と先生。

カルテを見ながら、
先生「◯◯(よしたん)さん、年齢が近いんですよ」
わたし「先生と?そうなんですか?」

先生
「年が近いから言うんですけど、
仮に僕がよしたんさんと友だちだったら、
やってみなよって絶対勧めると思うんです」

「資料にある採血結果を見ても
大きな問題はないし、それだけ元気だったら」
sketch-1593499733321
と話してくれ、頭の中の迷いが消えていった。

パパ「やってみようよ、子どもたちの事は大丈夫だから」
わたし「うん、そうだよね、治験やらせて下さい」

次回の診察までに決めてもいいと言われたけど
スピードが勝負だと思って、すぐに返事をした。

先生
「やっぱりやらない、と断るのもOK。
やってみて、やっぱり辞めます、もOK。

とりあえず、やっておこうかな、は辞めて下さいね。
待ってる方もいらっしゃいますから」

治験をやると心が決まり、
まずこの日に必要だったのが、検査。
採血、採尿、心電図、レントゲン。

あとは、いま飲んでいるロンサーフを
辞めることだった。

ロンサーフを辞めることは
先生から今の投薬先の主治医に
電話をしてくれるとの事。

ロンサーフ(いま飲んでいる薬)を辞めてから
約2週間後から治験を始められるらしい。

ちなみに気になる費用のことも。
治験薬は無料、ただ入院費や
治験薬以外の薬などはこちら持ち、だそうです。
sketch-1593499850600
診察終了後、言われた検査をし、
会計を済ませ、ガンセンターを後にしました。

ガンセンターを出たのが16時過ぎで
18時頃、無事帰宅。

夜、自分へのご褒美の如く
頼んでいたキスマイのコンサートグッズが到着。
_20200630_091236
しあわせ~♪

あとは、入院までに
『自分たちのことは自分たちでやる』
家の中でやってもらう最低限のことを
子どもたちに教えていこう、と思い
いま、少しずつ実践してもらっています。

学校の準備(今だと水筒とマスクの用意など)
布団の片付けや洗濯物(洋服)の畳み方、
お風呂掃除、などなど。

今までだいぶ過保護にしてきたので
先のことを考えたら、いい機会かな、
と思っています。

なにひとつ無駄にしないよう
少しずつでも進んでいきたいと思います。



今日も読んで下さってありがとうございます。
うまいことまとめられず、
長々と書いてしまいました。

何かの参考になれば幸いです。
良かったら、また見に来て下さい★
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ