前回の続きです。

姉の運転で14時前に病院着。
受付を済ませ、内視鏡センターへ。

看護師さんに更衣室まで案内され、

看護師「着替えたら 7番の検査室に入って下さいね」
わたし「えぇっ!!検査は2時半からじゃあ...」
sketch-1602677359106
心の準備をしながら着替えていく。
sketch-1602677570609
着替えを済ませ、検査室に行くと
若い男性医師と女性看護師さんの2人。

男性医師は化療センターで点滴を入れてもらうのに
何回か見たことがあったので、なんとなく親近感。

検査室では、カメラがキラキラと光っている...
sketch-1602677677618
初めてではないけれど、やっぱり緊張。

わたし「すみません!!トイレに行ってきてもいいですか?!」
検査直前、トイレに行かせてもらった。

トイレから戻り、いよいよ大腸内視鏡検査スタート。

まずはいつものように名前の確認。

その後、ベッドに横になり、
看護師さんに点滴注射をしてもらい、
しばらくしてから鎮痛剤が入っていく。
sketch-1602677834379
目の前がボヤボヤしてきたのが分かった。

このまま意識がなくなって、知らない間に
終わってしまえばいいのに...と思いながら
斜め横にあるモニターに目をやってみる。

お尻にゼリー(?)を塗られ、カメラ挿入。

「うぅぅ~」

やっぱり声が出てしまった。

モニターを見ると、綺麗な状態の腸が写っている。
_20201014_212053
カメラがゆっくり進んでいくと
ところどころ、少しだけ小さいカス(?)みたいな物を
目にした。

頑張ってニフレックを全部飲んだけど、
ちょっとだけ固形物が残っていたようで...(申し訳ない)。

男性医師がそれらを綺麗にしながらゆっくり確認、
写真を撮っていく。

たまに姿勢を変えるよう指示をされ、体を動かす。
カメラが曲がる時(?)が、やっぱり痛い。

腸の奥の方までいった時に
sketch-1602678160379
と声を出してしまい、

男性医師
「もう後半ですからね。あとは確認しながら戻ります」

後半...!!!
よし!!最後のもうひと踏ん張り。

戻っていく時に、赤くただれているような部分を発見。
少しだけ盛り上がってたかな。

男性医師「たまに出血ありますよね?」
わたし「はい...そうなんです」

男性医師「ここからの出血ですね」
その部分を何枚か撮影し、検査終了。

検査後、看護師さんに
リクライニングベッドまで案内された。

看護師「大変な検査ですよね。ここで休んで下さいね」

後で呼びに来てくれるとの事で、しばらくの間 安静状態。

気が張っていたのか、いびきをかいていたみたいで
自分のいびきで起きたりした。
_20201014_212434
30分くらいしてから看護師さんから声がかかり、
検査着から自分の洋服に着替え、外来に移動。

検査の後は主治医の診察。
内視鏡で撮影された画像を一緒に見ながら
ひとつひとつ説明を聞いていく。

赤くただれていたところはS状結腸だったそうで、
少し盛り上がっているところもあるけど、
それが原因で今すぐ塞がれるような事はない、との事。
ただ、今後も多少の出血はあるらしい。
sketch-1602678405497
まったく何も問題がなかったわけじゃないけど、
出血の原因が分かって良かった、と思いました。
大変な検査だけど、やっぱり受けて良かったです。

そして、検査後はしばらくお腹がユルユル。
2kgほど体重が減りました。
sketch-1602681009424
...が、普通に食べてたら、すぐに1kg戻りまして。
相変わらず、ワガママボディなよしたんです。


今日も読んで下さってありがとうございます。
長くなってしまったので2回に分けてみました!!

大腸内視鏡検査、受けたことがある方は
「あるある~」とか
「自分の時はこうだったなぁ」とか
検査のことを思い出したりしたのではないでしょうか?

最近はコロナの影響で病院への足が遠のき、
病気の発見が遅くなっている...等の記事を目にしました。

年に一度の健康診断や具合が悪い時など
何か体の事で気になる時は
感染予防を万全に、すぐに病院に行ってもらいたいなぁ、
と思います。

何事も早期発見、大事です。

今回の検査もそうですが、わたしは毎回の通院でも
先生や看護師さん方に大変お世話になっています。

医療機関に携わる全ての方々のご健康と
これからの更なるご活躍を祈り、
わたしなりの感謝の思いを込め、
ブログを書いていきたいな、と思っています。

そして、読んで下さる方の笑顔のためにー!!!

結構、同じような内容が多いのですが
(ダルダルな近況報告とか...)
良かったら、また見に来て下さいね。
宜しくお願い致します。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ