●2020年11月8日(日)

入院14日目。

毎日の抗生剤点滴。
副作用でお腹がユルユルになってしまい、
朝からベッドとトイレの往復。

3回目に強い便意を感じ、急いでトイレに行き、
凄い勢いで下着をおろすと

ポロッ...

『ん?』
何かが足元に落ちている。

『これ、なんだっけ?』
と拾って見てみると、安全ピンがついたチューブ。
sketch-1604912124767
焦って下着をおろした時に引っかけて
残りのドレーンを抜いてしまったらしい。

トイレから出て、すぐにナースコール。
看護師さんに説明し、外科の先生に確認してもらうと
元々週明けに抜く予定だったから問題ない、
との事だった。

『ほー...良かった』問題なく、ひと安心。

ドレーンが抜けた事もあって、
シャワー浴の許可がおりた。

『やっと、やっとシャワーに入れる!!』
2週間ぶりのお風呂(シャワー)。

前にインフルエンザになった時、
1週間お風呂に入れなかった事があったけど、
今回、記録更新。

点滴部分とドレーンが抜けた部分を保護してもらい
尿道カテーテルを持参してのシャワー。

洗いづらくてちょっと大変だったけど、
久しぶりのシャワーは
やっぱりめちゃくちゃ気持ち良かった。
sketch-1604921506272
大部屋ではあるものの、同室の人が退院していき、
しばらく個室状態だった病室。
午後になって、1人 入院してきた人がいた。

その後、トイレの時だったか、偶然バッタリ。

「今日から同室になりました、宜しくお願いします」
と挨拶してきてくれた。

夜(20時頃)になると、

「●●さん、起きてますか?」
とカーテン越しに声をかけてくれた。

お互い「暇ですねぇ」と言いながら、おしゃべり。
猫が好きな方で、猫のことを教えてもらったり
美味しいご飯屋さんを紹介してもらったりした。

きさくな方で良かった。
また、永ちゃん(E.YAZAWA)が好きらしく、
ベッドの周りは永ちゃんグッズで溢れているらしい。

永ちゃん好きな友だち(ゆきちゃん)を思い出して、
『ここにゆきちゃんがいたら盛り上がっただろうな』
と、ニヤニヤしてしまった。
20-11-09-16-48-46-293_deco
↑この日のご飯。

************************

今日も読んで下さってありがとうございます。

入院した頃に比べると笑う事が多くなったように
感じます。
痛みが少なくなってきたからかな。
ゲンキンなわたしです。

痛みがあってもなくても、
へこたれない自分になりたい...切実に思います。

思いばかりが強いわたしのブログですが、
良かったら、また見に来て下さいね。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ